国内線の格安航空券を購入する3つの方法 - 国内LCCの格安航空券を買うメリットとデメリット

国内線の格安航空券を購入する3つの方法

国内線の格安航空券を入手する方法は、早期予約、セールの利用、株主優待割引の3種類が一般的です。

国内格安航空券の情報を提供中です。

1つめの早期予約は早めに航空券の予約をすると料金が安くなるシステムですが、基本的に予約の変更やキャンセルができないのが注意点です。


格安航空券と聞くとまず思いつくLCCだけでなく、JALやANAも安く買えるのが早期予約です。


割引率は、搭乗日の何日前に買うかによって決まります。

このシステムの呼名は航空会社によって違います。



JALは先得と特定便割引と特便割引、ANAは旅割と特割と乗継旅割とプレミアム旅割、スカイマークはフレックスとフリーフレックスと前割、エアドゥはエアドゥスペシャルとドゥバリュー、ソラシドエアはバーゲンと特売り、スターレックスは空旅とスターという名前がついてます。

2つめのセールの利用についてです。セールで航空券をお得に買えることが多いのは、早期予約をやっていないLCCです。
開業記念などの大きな催しなどがあると国内線の航空券が3000円以下になることもありますし、新しい路線の就航が決まった時は衝撃プライスの格安航空券が発生します。



セール情報はFacebookやtwitterなどのSNSやメールマガジンでチェックするのがおすすめです。


3つめの株主優待割引とは、航空会社の株式を一定量保有する株主にあらかじめ決まっている枚数の株主優待券が定期的に配られるのですが、その優待券を使うと受けられる割引のことです。
国内ではJAL、ANA、スターフライヤー、ソラシドエアがやっています。
早期予約やセールの利用とは違い予約の変更などがしやすいにもかかわらず、半額ほどで利用できるのが魅力です。
さらに、年末年始などの繁忙期にも使用可能なのも大きなメリットです。