国内の格安航空券を利用する際に考える事 - 国内LCCの格安航空券を買うメリットとデメリット

国内の格安航空券を利用する際に考える事

格安航空券で国内を移動する際には様々なメリットがあります。


国内の格安航空券の一番のメリットは大手の航空会社と比べて価格がかなりリーズナブルな点です。

通常羽田から地方に向かう航空機を利用すると片道20000円近い価格がかかります。


しかし格安航空会社を利用すると半額近くで済む場合がほとんどです。

国内格安航空券の特徴についてをいくつか紹介しています。

次のメリットですが、国内で格安航空券を販売している格安航空会社は比較的新しい会社がほとんどです。そのため使用する航空機も新しい場合が多いです。


そのため燃費が良いのはもちろんですが、安全性も確立されています。そのような理由で安心して登場する事が可能です。



しかし国内で格安航空券を販売している格安航空会社を利用する際には、大手の航空会社にはないデメリットもあります。


大手の航空会社だとドリンクサービスや映画のサービスを無料で提供しています。しかし格安航空会社の場合、航空運賃を抑えるためにドリンクサービスや映画のサービスは有料となっています。また大手の航空会社の場合、大型の荷物でも無料で預ける事が可能ですが、格安航空会社の場合だと大型の荷物を預ける場合には有料となります。



大手の航空会社だと独自のマイレージサービスを導入しており、航空券の割引サービスや買い物が割引となるサービスを展開していますが、格安航空会社ではマイレージサービスは展開していない場合があります。国内で格安航空券を利用する場合にはこのような点に注意する必要があります。